Cabeceo カベセオ


1.Cabeceo カベセオとは...

 

誘い方の基本に、“Cabeceo カベセオ”というアイコンタクトを使った方法があります。

これは誘い方においてもっともエレガントな方法で、直接話し掛けたりボディコンタクトすることなしに相手をフロアにスムーズに誘う方法です。


2.Cabeceo カベセオの方法

 

男性も女性も、曲が掛かったら(どのようなタンダか確認できたら)、踊りたいと思う相手に視線を送ってみましょう。もし目と目がお互いにあったときがチャンスです。女性からも積極的に男性の視線を捕まえてみましょう。スマートフォンをずっといじっていたら視線を捕まえられません。また、お友達とおしゃべりしている間も、目だけはいつでもカベセオをキャッチできるように準備しておきましょう。

 

男性は、踊りたいお相手と視線が合いにくいようだったら、フロアの外を軽く歩いてお相手に近づいてみるのも良いかもしれません。ただし、しつこいカベセオは禁物です。あくまでもスマートを装いましょう。

 

女性は、カベセオを受けやすい位置に座れると成功確率が上がるようです。奥まったところに座ると視線を合わせにくいですよね。しかし、一方で、受けやすい位置に座った結果、多くの男性からのカベセオを受けてしまって疲れてしまうかもしれません。コンディションや雰囲気に合わせて、座る位置を変えてみましょう。 


3.Cabeceo カベセオの成立/不成立

女性は男性からのアプローチを受けるならば、じっと見つめ返したり、軽くうなずいたりして、お相手にOKサインを送りましょう。

 

男性も女性も、もしその曲で踊りたくないとき、休憩したいときなどは、相手からの視線をやさしく外しましょう。それがお断りするサインです。
(あまりにしつこいカベセオを受けるときは、フロアに背を向けてシャットアウトするのも手です。あまりこのようなことはあってほしくありませんが)

 

踊っているカップルが素敵だからといって、ずっとフロアを見ているだけではカベセオは受けられません。周囲にも視線を投げてみましょう。思いもよらぬところからカベセオが飛んで来るかもしれません。


 4.Cabeceo カベセオが成立したら

 

女性はカベセオを受けたとき、注意深くなければなりません。男性と距離が離れていた場合には、自分ではなく隣の女性とカベセオをしていたかもしれません。

男性が目の前まで来てエスコートしてくれるまで席から立ち上がらないほうが無難です。誘われたことに気持ちが高ぶって立ち上がりたいのはわかりますが、ここは男性に自分のところまで足を運ばせ、丁寧にフロアにエスコートさせて男性を紳士的に見せるのも、女性の大切な振る舞いでしょう。そうすれば少し、お姫様気分も味わえるかもしれません。

男性はフロアの邪魔にならないようにお相手のところまで足を運びましょう。やさしく手を引いてフロアにエスコートできればポイントUPです。周囲の安全を確認してダンスの流れに入るのは、車の運転時の合流と同じようなものです。

なお、踊り始めているカップルがいたら、フロアを横切らず、回りこんでお相手のところまで行きます。 


5.Cabeceo カベセオが好まれる訳

 

“Cabeceo カベセオ”は、離れた相手をフロアに誘い出せるだけでなく、今は踊らないという選択が出来るのです。男性は(残念ながら)断られることを、女性は(断腸の思いで)断ったことをまわりの人たちに気づかれずに済みます

 

男性は女性に断られるところをほかの人に見られたくないですよね。女性だって誘いを断っていることを周囲に気づかれたくないのです。“きっとあの男性は踊りにくいにちがいない” “誘いを断るような女性を誘いには行けない”など思われてしまうかもしれません。この“カベセオ”を使えばスマートにミロンガを過ごすことができるようになるでしょう。

 

視線を外された場合も気落ちしないでください。カベセオの相手がたまたまその曲では他のひとと踊りたかった、または足が疲れて休憩したかっただけかも知れません。別の機会に再チャレンジしてみましょう。


目と目を合わせて意思疎通を図るという習慣が日本においてはあまりないため、なかなか慣れないと思いますが、カベセオが通じた時のうれしさは格別です。

 

いつの日か、自分にバシバシとカベセオが飛んでくるときを夢見て、日頃からレッスンに励み、自分を磨いておきましょう。